雑誌でも最近よくみます

アメリカで流行中のメイソンジャー・サラダ。

 

日本ではボトルサラダとも言います。瓶の容器に野菜を詰めるだけの簡単保存食品なのですが、何ともオシャレです。

 

しかも冷蔵庫で4〜5日持つというのですから、オシャレなのは勿論機能的だという事が分かります。

 

調べてみると瓶の中に詰める野菜の順序が大事で、ドレッシング→人参やキュウリ・ナッツ類などの固い野菜→トマトやアボガドなどは真ん中に→レタスなどの葉っぱもの。という順番で詰めていきます。

 

 

この順番を守る事で正常な保存期間を保持でき、そのままお皿に盛っても綺麗な見栄えになります。

 

 

真ん中にパスタを入れれば良いランチになりますし、エビを入れるとちょっぴりリッチになります。朝にパンと一緒に食べても良いですし、唐辛子などを入れてピリ辛にするのも良いですね。

 

 

この間お花見に行ったのですが、敷物を敷いてお弁当を食べる女子達が皆ボトルサラダを持ち寄っていました。

 

 

各々の味を作ってシェアしている様子です。女子が好きそうなやり方だな〜と妙に感心してしまった私ですが、とにかく色々なシーンで使える為にこの人気はしばらく続くと思われます。

 

 

特に野菜という事なので、ヘルシーかつ美容にも良いです。レモンを絞ってビタミンC摂取を意識する女子は多いでしょう。

 

 

それにしてもメイソンジャー・サラダ流行のお蔭で、瓶の売れ行きも上々らしいです。密かに100均のタッパーでは駄目なのかな?と思い、実際に100均のタッパーでメイソンジャー・サラダを作ってみました。見た目もまぁまぁで、期待に膨らみます。

 

 

しかし・・タッパーでは密封状態が悪く、2日位しか保存できませんでした。持ち歩く見栄え的にも、やはり瓶に限ります。